« バッファローが1万円地デジチューナーを開発、年内発売 | トップページ | 東芝、業界最大となる容量256GBのSSD(MLC)を発表 »

2008/09/25

パナソニック、持ち運び用ハンドルつき14.1型ノートPCを発表

PC Watch:パナソニック、Let'snote新製品発表会

パナソニックがモバイルノートPC「Let'snote」シリーズの新製品発表会を開催し、同シリーズ初となるワイド液晶を搭載する新モデルを含む新製品5モデルが発表されました。

発表されたのは、

  • XGA(1,024×768ドット)10.4型液晶搭載の1スピンドルモデル「R8」
  • XGA(1,024×768ドット)12.1型液晶搭載の1スピンドルモデル「T8」
  • XGA(1,024×768ドット)12.1型液晶搭載の2スピンドルモデル「W8」
  • SXGA+(1,400×1,050ドット14.1型液晶搭載の2スピンドルモデル「Y8」
  • WXGA+(1,440×900ドット)14.1型ワイド液晶搭載の2スピンドルモデル「F8」

の5モデルで、ワイド液晶搭載の「Let'snote F8」には持ち運び時に便利なように収納式のハンドルが付いているというコンシュマー向けとしては今まであまりなかった斬新なデザインになっています。
全モデルともOSはWindows Vista Businessを搭載し、Windows XPダウングレード権も含まれています。

今回も店頭モデルにSSDを搭載したモデルはラインアップされていませんが、直販サイトのカスタマイズモデルだとR8にSSDを搭載したゼロスピンドルモデルも選べるようです。

« バッファローが1万円地デジチューナーを開発、年内発売 | トップページ | 東芝、業界最大となる容量256GBのSSD(MLC)を発表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バッファローが1万円地デジチューナーを開発、年内発売 | トップページ | 東芝、業界最大となる容量256GBのSSD(MLC)を発表 »