« 新型PSP近日発売決定!FCCにPSP-3001が登録 | トップページ | USB 3.0ドラフト仕様公開、光伝送は規格化断念 »

2008/08/14

ソニー、Cell/B.E.+RSX搭載ワークステーションZEGO「BCU-100」発表

ソニープレスリリース:米国・SIGGRAPH 2008にて“Beyond HD (HDを超える高画質)”映像制作の革新的なワークフローを提案

ソニーが米カリフォルニアで現在開催中のSIGGRAPH2008にて、高性能マイクロプロセッサCell/B.E.とグラフィックスプロセッサRSXを搭載し、高速演算処理を実現したマルチコア・プロセッシング・プラットフォーム"ZEGO"コンピューティングユニット「BCU-100」を発表しました。米国市場向けに年内発売予定とのこと。

Cell/B.E.とRSXを搭載しているあたり一見するとPS3と似たハード構成に見えますが、1GBのXDR DRAMをCell.B.E.とRSXで共有する設計になっていたり、東芝のCell用インターフェースチップ「Super Companion Chip(SCC)」が搭載されていたりとハード仕様は大きく異なっています。
ちなみにOSはLinuxとなっています。

昨年のSIGGRAPHで試作品として展示されていた1Uワークステーションのブロックダイアグラムがこちら
この図によると、BCU-100ではCell/B.E.に1GB(512Mbit×16個)のXDR DRAMが接続されCell/B.E.とRSXで共有、これとは別に1GBのSDRAMも搭載しておりSCCに繋がっているようです。

関連
マイコミジャーナル:PS3のようでPS3じゃないCellワークステーション(1)

« 新型PSP近日発売決定!FCCにPSP-3001が登録 | トップページ | USB 3.0ドラフト仕様公開、光伝送は規格化断念 »

コメント

時間的、ライセンス的な問題で、現行PS3はメモリが分かれちゃってますけど、
PS3も早い段階でメモリ共有してくるかもしれませんね(もっとも来年以降の話だと思いますけど)。

最終的にはXDR2が2個とかになるんですかね。

帯域の問題もあるし、PS3のメモリーを共有型にするのは無理じゃないかな。 この仕様は CPUをかいさないとメモリーにアクセス出来ない360と同じだし、しかもGPUにEDRAMもない。 ゲーム向きにするには、それなりに仕様を変えないと無理そうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型PSP近日発売決定!FCCにPSP-3001が登録 | トップページ | USB 3.0ドラフト仕様公開、光伝送は規格化断念 »