« 東芝ヨーロッパ、Cell搭載液晶TV発表、というAV Watchの誤報に釣られるの巻 | トップページ | Amazonで買えるBDメディア最安値 »

2008/08/29

松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW830-Kを分解してみた

とりあえず動作確認がてら新品未フォーマットBD-REを突っ込んで録画してみました。
AACSのバージョンですがMKB_RW.infはV7、P-MKBはAEAEAE…AEとなるので記録されていないようです。

ということで、一通り動作確認も出来たので早速分解してみました。

080829_06
BW800とほぼ同じサイズの本体
FANが外付けから内蔵になったので全体の奥行きは短くなっています
重量はBW830の方が900g軽い、その理由は分解して判明

080829_07
外装カバーを開けてみたところ

080829_08
HDDはSATAインターフェースでHITACHIの"HCS545050GLA380"

080829_10
BDドライブはPATA接続でPC用ドライブではなくBDレコーダ専用ドライブとなっています。
PATAなのはUniPhier のインターフェース仕様(SATAインターフェースが1つしかない)のためと思われます。
BW800では金属製だったドライブのフレームが樹脂製に変更、本体重量が軽くなったのはこのためのようです。

080829_11
BDドライブの基板アップ

080829_12
HDDとBDドライブを外したところ
メイン基板がBW800に比べて小さくなっているのが分かります。

071102_10
参考までにこちらがBW800

080829_13
メイン基板表側、基板サイズは約150×119mm
ちなみにBW800のメイン基板サイズは約185×119mm

080829_14
消しゴムかと思うほど分厚い熱伝導性ゲルシート、約4mmあります
チップの熱はこの消しゴムっぽい物体を伝って本体下部の金属ケースから放熱する仕組み

080829_15
メイン基板裏側
BW800以上にシンプルな基板、これであれだけの機能を実現できているところがすごい

UniPhierとメインメモリ以外の実装デバイス
ネットワーク用にカニさんチップ "RTL8140L"
USBポート用にNECのUSBコントローラ "μPD720102"
1Gbit SLC NANDフラッシュメモリhynixの "HY27UF081G2A"
TIのIEEE 1394a 2ポートトランシーバ "TSB41AB2"
24Bit 96kHzオーディオ用ADCにAKMの "AK5367"
AKMの2Vrms出力の24ビットDAC "AK4420"
電源制御LSI "THV5804"、"MB39A128A"
電源用オペアンプ JRC "NJM2904"
松下8ビットマイコン "MN101C77"
MACアドレスとかが入ってるっぽいSIIのSerial EEPROM "S93C46B"
Silicon LaboratoriesのEmbedded Modem IC "Si2404-FS08"
用途不明な松下の"AN13351"
その他

080829_16
UniPhier PEAKS-ProII "MN2WS0038AP1" 周辺
メインメモリはELPIDAのDDR2-800 1Gbit "EDE1116AEBG-8E-F" ×4で計512MB

080829_17
基板表側のHDMIトランスミッタIC "MN864704KP"、BW800から変更無し

080829_18
メイン基板は2008年8月22日製造、なんと購入1週間前

BW800にあったMarvellのスケーラICやそのバッファ用RAMがなくなっています。
元々UniPhierはI/P変換処理機能も持っているので欧米で販売しているBDプレーヤーのようにスケーリング処理はUniPhierで行っているようです。

おまけ:DMR-BW830メイン基板高解像度画像(zip圧縮約3.4MB)

BW800の分解記事はこちら
2007/11/2:松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW800を分解してみた

« 東芝ヨーロッパ、Cell搭載液晶TV発表、というAV Watchの誤報に釣られるの巻 | トップページ | Amazonで買えるBDメディア最安値 »

コメント

おお、詳細な分解お疲れ様です
松下としては機能をとにかくUniphierに集約させて
コストダウンと競争力持たせたいところでしょうね。
そういえば外販もしてるそうですが、どこが採用するんですかね。

分解ってカバーとっただけですか。それは分解とは言わないのではないでしょうか。分解(ぶんかい)は、塊になっているものをその諸要素に分け直すこと。ウィキペディアに載っていました。

>投稿 | 2008/08/31 05:27の御方
三菱が採用してるみたいですが・・・

塊と要素をどのように定義するかによって、
分解の定義は人によって異なります。
定義によってはカバーを外す事が分解になることもありますよ。

このまま進化してパソコンに成ってくれないかな。

wikiを真に受けるなんてどこまでゆとられてるんでしょうかw
夏休みの宿題終わってますか?
明日から2学期ですよ。苦笑

私にとって大変興味深い分解でした。ありがとうございます^^

電源制御LSI "THV5804"、"MB39A128A"とありますが、基板写真のどこに写ってますか? 写ってないように見えるのですが。

>>コボケさん
ブログ上の画像だと型番まで読めないですが、おまけとしてアップロードしているメイン基板画像なら型番も確認出来ると思います。
右上部分に"THV5804"、"MB39A128A"が載ってます。
THV5084と書いてますが実際のマーキングはV5084となってます。
前モデルのBW800でTHineのV5012が載ってたので同じTHineと推測してTHV5084としましたがもしかすると別メーカーの石かもしれません。

この記事は大変に素晴らしいものです。同じように、テレビに関する記事はあるのでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東芝ヨーロッパ、Cell搭載液晶TV発表、というAV Watchの誤報に釣られるの巻 | トップページ | Amazonで買えるBDメディア最安値 »