« PS3システムソフト2.40が公開されました(アプコン比較画像追加) | トップページ | 松下、デジタルテレビ向けのUniPhierを開発 »

2008/07/03

PS3システムソフト2.40配布が一時中止、不具合発生?

午前4時30分頃からSCEサーバ上のアップデート確認用ファイルがシステムソフト2.36のものと差し替えられて、システムソフト2.40のダウンロードが出来なくなっています。
公式サイトでの提供も中止されています。
海外サイトを中心に、アップデート後にPS3が起動しなくなるという不具合が報告されていたのでその対策のためでしょうか。

9:50追記
SCEAの公式ブログによると現在問題を修正中だそうです。
PlayStation.Blog:Firmware v2.40 status

14:55追記
国内公式サイトでも告知がされました。

PLAYSTATION®3システムソフトウェア バージョン2.40アップデート一時中止のお知らせ[2008.07.03]
PLAYSTATION®3のシステムソフトウェア バージョン2.40へのアップデートを実施された一部のユーザーの方から、アップデート後にXMB™(クロスメディアバー)が表示されないという報告を受けました。現在システムソフトウェア バージョン2.40へのアップデートを一時的に中止し、原因を究明しております。再開の目処が立ちましたら、本サイトにてご案内いたします。
ユーザーの皆様におかれましては、ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

とのこと。

 
アップデートで不具合発生といえば、パナソニックのBD/DVDレコーダー一部機種のダビング10対応アップデートでも不具合が見つかり、放送波アップデートの配信が現在停止されているようです。
公式サイトからもダウンロードが出来なくなっています。
こちらの方もアップデート後にHDDのフォーマットを要求されるという致命的な不具合となっています。

12:30追記
某スレにも書いときましたが、BW700/800/900の不具合修正版と思われるファームウェア(現時点ではまだ未公開、本日夕方にも公開予定?)を入手したのでちょっと中身を調べてみました。
正式公開前の不具合修正版(_9版)にはAACSのMKB_RW.inf(AACS V3)がそのまま入っています。
公開一時停止中のダビング10対応の_8版にはそれらしいデータが見あたりませんが、アップデート後にV1からV3になったという報告があるので、MKB_RW.infは暗号化でもされて入っていたのかもしれません。

ダビング10対応アップデート後はHDD書換による疑似V1/V3化に対策がされているようなので、あくまで推測ですが、今回の不具合はHDD書き換え対策がHDDの書換をしていない一般ユーザーに対して発動してしまったのではないかと。

19:30追記
不具合修正版が正式にダウンロードできるようになりました。
「※7月3日メンテナンスを完了しました。」という告知だけありますがファイルは差し替えられています。
放送波アップデートの方も夕方から修正版ファームになって配信再開されたようです。

関連
2008/7/1:パナのBDレコBW800、ダビング10対応アップデート完了

« PS3システムソフト2.40が公開されました(アプコン比較画像追加) | トップページ | 松下、デジタルテレビ向けのUniPhierを開発 »

GAME」カテゴリの記事

コメント

毎回アップデートでの不具合になる人とならない人がいるのはなんなんでしょう…
自分はならなかったのですが、なった人は、ご愁傷様ですm(__)m

なんだかPS3のFWの話とダビング10関連の情報が混ざってて分かりにくいです・・・
ウチのPS3は未だに2.36のままでアップデートできません・・・
「最新です」と表示がでます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3システムソフト2.40が公開されました(アプコン比較画像追加) | トップページ | 松下、デジタルテレビ向けのUniPhierを開発 »