« ブルーレイ「マクロスF」と「時かけ」届いたよ | トップページ | 「MonsterTV HDUS」のアレがハード改造なしで可能に! »

2008/07/27

「時をかける少女」地デジとBDの比較

マクロスF(フロンティア)第1巻」に続いて「時をかける少女」の地デジ版とブルーレイディスク版の比較です。

マクロスFの地デジとBD比較はこちら
ガンダムOOのBSデジとBDの比較はこちら
イノセンスのDVDとBDの比較はこちら

PowerDVDのH.264のハード支援にチェックと入れると色合いが変わってしまう、チェックを外すとコマ送り時にアプリケーションエラーが頻繁に発生するという謎の現象のせいでキャプチャーにかなり手こずりました。
ということで比較画像は少なめ。

Tk001

Tk002


画像の上にカーソルを合わせるとBD版の画像になります


画像の上にカーソルを合わせるとBD版の画像になります


画像の上にカーソルを合わせるとBD版の画像になります

地デジ版がアプコンらしいマクロスFに比べ、時かけでは地デジ版もBD版と遜色ない場面もありますが、動きのある場面ではBD版が圧倒的に高画質です。

比較画像作成に使ったキャプチャ画像のzip

ダウンロード TOKIKAKE.zip (22081.7K)

地デジ版もBD版もリッピングしたファイルからのキャプチャーです。

Amazon:時をかける少女 (Blu-ray Disc)

Amazon:マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)

« ブルーレイ「マクロスF」と「時かけ」届いたよ | トップページ | 「MonsterTV HDUS」のアレがハード改造なしで可能に! »

コメント

地デジの動きのあるシーンでの荒さは体感してましたが、BDの高画質には驚きです、数値的には当たり前のことなのでしょうが、なかなかこうも比較する機会がないので参考になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーレイ「マクロスF」と「時かけ」届いたよ | トップページ | 「MonsterTV HDUS」のアレがハード改造なしで可能に! »