« 「ダビング10」混乱の責任を負うべき5人の関係者 | トップページ | 東芝、SpursEngine搭載で超解像度変換が可能なAVノートPCを発売 »

2008/06/22

ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた

いくら待ってもAmazonでの販売が始まらなかったのでSony styleで購入しました。
ソニスタでの販売価格は3,980円、貯まってたポイントや送料無料クーポンを使って1,290円で購入。

Sony Style:RM-PLZ510Dテレビ/ビデオ用リモコン

楽天だと3,500~3,980円であるようです。

楽天で検索:RM-PLZ510D

7/4追記
Amazonでも取り扱いが始まったようです。

Amazon:SONY インテリアリモコン 赤 RM-PLZ510D-R
Amazon:SONY インテリアリモコン 銀 RM-PLZ510D-S
Amazon:
SONY インテリアリモコン 青 RM-PLZ510D-L

 
カラーラインアップはシルバーとブルー、レッドの3色があったので今回はレッドにしてみた。

届いて驚いたのがパッケージ。
学習リモコンなどはだいたい店頭でリモコンのボタン配置が確認しやすいパッケージになっているのに、PLZ510Dではリモコン裏側が表を向いているという変わったパッケージになっています。

080622_01

箱に描かれた画を見て初めて知りましたが、リモコンをテーブルなどに置く時には裏返しで置くようにデザインされているようで、それに合わせたパッケージだったようです。

パッケージを裏返せばリモコンのボタン位置を確認することが可能です。

080622_02

このため取扱説明書はリモコン横の箱に丸まって収められています。

080622_03
取説が丸まってて読みにくい…

080622_04
RM-PL500Dとの比較

080622_05
デザインと質感は前モデルから大きく向上

重量はPL500Dが130gに対してPLZ510Dは168gと38gも重くなっていますが、BW800のリモコンより軽くこのくらいなら十分許容範囲。
ボタンサイズがPL500Dより小さ目なこともあってか、適度なストロークとクリック感があり押し心地が良くなったように感じます。

裏側は光沢があり高級感のある質感で手触りはしっとりとした感触で、これは人によって好みが別れるところかもしれません。

080622_07
裏返して置くという新しいカタチ

裏返して置くだけでテーブルの上がすっきりとした印象になります。
またボタンの隙間にホコリなど入るのが防げるので、リモコンをサランラップで包む派の人ももうサランラップで包む必要はありません。
さらにテーブルに置いてあるリモコンを手に取った時にリモコンを持ち直すことなく操作することが出来ます。

赤外線の受光/送信部はつや消しのシボ仕上げでここにもデザインへのこだわりを感じます。

080622_06

080622_08
裏返して置いてもボタンがテーブルに接触しない形状

もちろんデザインだけではなく機能も秀逸です。
あらかじめプリセットされているリモコンコードにBDレコーダーが追加されていたり、シフトボタンを使って1ボタンに2機能を割り当てることが可能など、前モデルのPL500Dからさらに進化を遂げています。
また、500Dで使えていたプチマクロは今回も使えるため1ボタンで2つの機器の電源を入れるなどの操作も可能です。

ということで、学習リモコンとしてはかなりお勧めの商品です。

おまけ
Excelで作ったPLZ510D用のボタンレイアウト早見シート:RM-PLZ510D.zip

080622_09

適当に編集して印刷後透明なソフトケースにでも入れて使って下さい。

関連
2008/6/11:学習リモコンの鉄板「RM-PL500D」の後継「RM-PLZ510D」発売
2007/2/9:ソニーの学習リモコンRM-PL500D用シート作成
2006/12/23:学習リモコンRM-PL500Dを買ってみた

« 「ダビング10」混乱の責任を負うべき5人の関係者 | トップページ | 東芝、SpursEngine搭載で超解像度変換が可能なAVノートPCを発売 »

コメント

510Dは裏が丸いため、学習させるときに本体がコロコロしてしまいます。
あと、500Dよりボタンの押し込みストロークが深くなっている
ため微妙に押し辛いです。

といってもこの値段でこれだけの機能はすごいです。
なんといってもデザインが高級で、500Dみたく安っぽい感じが
払拭されてgoodです。

AVアンプ等には使えないんでしょうか?例えばオンキョーとかの…

>>ねこさん
机に置いて操作するには不向きな形かも。裏にゴム足でもあれば安定しそうなんですが…
ボタンの感触は好みが別れそうですね。
確かにストロークが深いので500Dよりしっかり押さなければいけない感じではあります。

>>ゆうさん
プリセット設定でオンキョーのアンプも用意されています。
こちらに事前に用意されている機器のメーカー番号一覧表があるので参考にしてください。
http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qadoc?029034
一覧表にない場合もオリジナルのリモコンのコードを学習させればほとんどのリモコンは使えますよ。

>>ゆう
基本的に赤外線リモコンであればなんでも学習できるはず。
俺はアキバでジャンクで300円で買ってきたFUMAIの学習リモコンに
DVDレコとTVとクーラーのリモコン学習させて使ってる。
よく使うボタンは限られてるからね。

すっかり忘れてたんですがこの記事読んで秋ヨドに走りました。
最初は赤にしようと思ってたんですが、実物を見ると青がとても黒っぽいのでこっちにしました。
とりあえず一通り設定して使ってみた感じだと、重くなっているのと長くなっているのと主に使うキーが前後へのフラッシュ(カーソルキーの下)のため、下を持っての操作になってちょっと使いづらい感じがしてます。
とは言っても流石新品は反応が良いので気持ちよく使えてます。
シフトキーも、地味にキーが足りない機材があるので助かりますね。

>>AVアンプ
F3にAVアンプを登録すると、音量はそっちを使うように設定できるので便利ですよ。私もパイオニアのAVアンプをそうやって使っています。

500Dを修理に出してたんですが、既に交換用在庫が無いらしく
510Dとの交換対応になりました。(色も選ばせてくれました)

買おうと思ってたのでラッキーでしたが500Dを長く使いたい人は
気をつけたほうが良いですね。

リモコンは裏返しに置くのが理想的です。
裏返しに置けば何年使ってもほとんど汚れません。

慣れるまで違和感がありますが裏返しは綺麗に使うコツなんで
このリモコンに限らず裏返しをお勧めします。

はじめまして、私もSONYのRM-PLZ510Dを購入して、
まりんさんのレイアウト早見シートいただきました。
とても重宝しています。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ダビング10」混乱の責任を負うべき5人の関係者 | トップページ | 東芝、SpursEngine搭載で超解像度変換が可能なAVノートPCを発売 »