« AmazonでもBD-Rメディアが1枚あたり500円割れ | トップページ | MIAUがダビング10に関するアンケートの結果を公開、回答者の9割以上が補償金反対 »

2008/06/11

学習リモコンの鉄板「RM-PL500D」の後継「RM-PLZ510D」発売

AV Watch:ソニー、学習機能搭載/LED3個内蔵の赤外線リモコン

ソニーの学習リモコン「RM-PL500D」の後継機となる学習リモコン「RM-PLZ510D」が発表されました。
6月21日発売で、価格は4,935円。

Amazon:SONY インテリアリモコン 赤 RM-PLZ510D-R
Amazon:SONY インテリアリモコン 銀 RM-PLZ510D-S
Amazon:
SONY インテリアリモコン 青 RM-PLZ510D-L

簡単リモコンのように中途半端に大きかったチャンネルボタンも小さくなり、アナログ/デジタル/BS/CSの放送波切り替えボタンが独立し、デザインも洗礼され使い勝手も更に向上しているような感じです。

ソニーのQ&AページによるとPL500Dとの主な違いは、

  RM-PLZ510D RM-PL500D
学習可能キー数 約424 約400
放送切換ボタン 地上アナログ・地上デジタル・
BS・CSに分割
放送切換ボタン1ボタンのみ
その他 シフトキーを押した状態での
学習機能追加 (1つのボタンに2つのデーターを学習可)

前モデルの500D唯一の欠点がボタン接点の耐久性が弱いところだったんですが、当然それも解消しているはず。
うちの1年半ぐらいでボタンがヘタってきていたのでちょうどいいタイミングでの発売です。

気が早いけどExcelでPLZ510用のボタンレイアウト早見シートを作成中。

080612_01

6/22追記
「RM-PLZ510D」買いました。
レポートはこちら:ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた

関連
2007/2/9:ソニーの学習リモコンRM-PL500D用シート作成
2006/12/23:学習リモコンRM-PL500Dを買ってみた

« AmazonでもBD-Rメディアが1枚あたり500円割れ | トップページ | MIAUがダビング10に関するアンケートの結果を公開、回答者の9割以上が補償金反対 »

コメント

ボタンがすべて光らないので、ホームシアター用途には使えないのが痛いところなんですが・・・
最大の弱点と思ってます。

BD用のリモコン、何でこういうボタンの形とレイアウトにしなかったんだろう。

そのまま使えるなら切り替えたい。

今使ってるRM-PL500Dのいくつかのボタンが反応しなくなってしまって買い直しを検討中だったので無茶苦茶タイムリーでした。
これを読まなければ今日買いに行ってたくらいです。
ボタンの耐久度上がってるといいなぁ。

ボタンの割り当てシート、とても便利ですね!

510D版についても、作成され次第
アップされていただけると嬉しいです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AmazonでもBD-Rメディアが1枚あたり500円割れ | トップページ | MIAUがダビング10に関するアンケートの結果を公開、回答者の9割以上が補償金反対 »