« ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた | トップページ | 「ダビング10」7月4日午前4時開始 »

2008/06/23

東芝、SpursEngine搭載で超解像度変換が可能なAVノートPCを発売

PC Watch:東芝、SpursEngineを搭載したAVノート「Qosmio G50/F50」
AV Watch:東芝、SpursEngine搭載/超解像度変換AVノート「Qosmio」
東芝:TOSHIBA Quad Core HD Processor「SpursEngine」搭載AVノートPCを発売

東芝がCell Broadband (Cell/B.E.)のSPEコアを用いたメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載したAVノートPC「Qosmio G50」と「Qosmio F50」を発表しました。
7月下旬発売予定で価格はオープンプライスとなっています。

「SpursEngine SE1000」と128MBのXDR DRAMを実装したmini-PCI Expressスロット用モジュールを搭載しており、SD映像のHDアップコンバート(超解像度変換) 、高速AVCトランスコード(地デジの3/8倍録画、ビデオ編集時間短縮) 、映像インデキシング(顔deナビ) 、ハンドジェスチャーリモコンの機能を実現するとのこと。
当初はただ単にメディアストリーミングプロセッサと呼んでいた「SpursEngine」ですが、PCに搭載されるにあたり、「TOSHIBA Quad Core HD Processor」と命名されたようです。

DVD再生時に超解像度変換でHD映像にするからDVDへの録画時はSDでもよいという考えからなのか、DVDにHD画質で録画出来るHDRECには非対応の模様。
せっかくH.264への高速トランスコードが出来るのにもったいない。

関連
2008/4/8:東芝、CellのSPEを搭載した「SpursEngine」のサンプル出荷開始
2007/9/20:東芝、Cell BEのSPEコア搭載画像処理プロセッサSpursEngine発表

« ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた | トップページ | 「ダビング10」7月4日午前4時開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた | トップページ | 「ダビング10」7月4日午前4時開始 »