« 私的録音録画補償金 ブルーレイが課金対象に | トップページ | PS3システムソフト2.36リリース、マイナーアップデート »

2008/06/18

AnyDVD HDが最新バージョンのBD+にもサクッと対応

AACS V4以降のBlu-ray Disc(BDMV)のリッピングが可能なSlysoftの「AnyDVD HD」の最新版6.4.5.0がリリースされ、6/10に北米で発売されたFoxの「Jumper」(国内では7/23発売予定)に採用されている最新バージョンのBD+に対応しました。

SlySoft:AnyDVD HD 6.4.5.0

6.4.5.0 2008 06 17
- New (Blu-ray): Added support for a new version of the BD+ copy
protection,
e.g. "Jumper", Region A, US
- New (Blu-ray): Added support for new AACS copy protection, e.g.
"Las 13 Rosas", Region B, Spain
- Change (DVD): Improved CSS key retrieval with some discs
- Change (DVD): Improved logging if CSS archive is enabled
- Change (DVD): Removed size limitation of CSS archive
- Fix (DVD): Problems repairing DVD structure with some discs, e.g.
"Schwere Jungs", Region 2, Germany
- Fix (DVD): Problems removing ALPHA-DVD protection
- Some minor fixes and improvements

AACSといいBD+といい最新バージョンが採用されたソフトが発売されても、わずか数日後にはクラックされてしまうという状況は相変わらずのようです。

また、6/16までだったSlySoft全ソフト20%OFFのセールが6/22までに延長されています。

BDといえば6/18発売の月周回衛星「かぐや」が見た月と地球を買いました。
AACSはV7で収録時間が約41分と短いので容量も12.5GBとHD DVDでも1層に収まる程度。
元々HD DVD/DVDのツインフォーマットディスクで発売予定だったしね。

関連
AV Watch:買っとけ! Blu-ray 月周回衛星 かぐやが見た月と地球
2008/3/19:BD+クラックされる、AnyDVD HDがBD+の除去に対応

« 私的録音録画補償金 ブルーレイが課金対象に | トップページ | PS3システムソフト2.36リリース、マイナーアップデート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私的録音録画補償金 ブルーレイが課金対象に | トップページ | PS3システムソフト2.36リリース、マイナーアップデート »