« 1週間分のTVをすべて録画する「SPIDER Zero」の個人販売開始 | トップページ | ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた »

2008/06/20

「ダビング10」混乱の責任を負うべき5人の関係者

ダイヤモンド・オンライン:自己の利益に固執し混乱を招いた「ダビング10」関係者に猛省を促す

経済ジャーナリストの町田氏がダイヤモンド・オンラインのコラムで「ダビング10」開始が1ヵ月以上も遅れたことについて、

いったい、なんでこんなことになってしまったのだろうか。率直に言えば、混乱の責任を負うべき関係者は5人(者)いる。

と責任を負うべき関係者を5人(者)挙げています。
町田氏によるとその5人(者)とは、

  1. 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジ検)」
  2. 文化庁の「私的録音録画小委員会」
  3. JEITA
  4. 経済産業省
  5. 著作権の権利者たちの団体

とのこと。
具体的に名指しで非難するのかと思ったら、けっきょく関係者全員に責任があるというオチでした。

« 1週間分のTVをすべて録画する「SPIDER Zero」の個人販売開始 | トップページ | ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた »

コメント

えーと、

ズコー

けっきょく ぐらい変換したら

全く、とんだ茶番だよ

結局のところ、得したのは誰?

松下だろ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1週間分のTVをすべて録画する「SPIDER Zero」の個人販売開始 | トップページ | ソニーの学習リモコン「RM-PLZ510D」買ってみた »