« 32bit Windowsで4GB以上の物理メモリが使えるRAM Diskソフト | トップページ | ASUSのBDドライブBC-1205PTも神ドライブなのか調べてみた »

2008/05/10

パイオニアの神ドライブBDC-S02Jなんてもういらない!かも

いつも大変お世話になっている2ちゃんねる某スレにて、パイオニアのBDドライブ「BDC-S02J」以外のV4/V7感染したBDドライブでも疑似V3までのメディアであればBackupBDAV for V1でリッピングが可能となるすごい方法が公開されていました。

V4とV7感染したBDドライブが4台ほど手元に転がっているので早速試してみました。

用意するもの

  • AACS V7に感染したBDドライブ(今回はLGのGGC-H20Nを使用)
  • USBソフトウェア バス・アナライザ「USB Inspector」(15日間試用期間有り)
  • SATA-USB変換アダプタ(SATAのBDドライブをUSBで接続するために必要)
  • 疑似V3レコで録画したMKB_RW.infがV3でP-MKBがV4となっているBD-REメディア
  • Power DVD7.3(今回は7.3.3723.0を使用)

この方法を発見した107さんはUSBトレースというソフトを使ったそうですが、USBトレースは試用期間内でもキャプチャ容量に制限があるので、今回は15日間の試用期間内でも機能制限なしで使えるUSB Inspectorというソフトを使用しました。

ということで、実際にやってみた。

手順

  1. BDドライブをUSB接続でPCに接続
  2. BDドライブに録画済みBD-REメディアを挿入
  3. USB Inspectorを起動してUSB接続したBDドライブの監視を開始
  4. PowerDVDを起動してBD-REを再生
  5. 映像が出たらUSB Inspectorのメニュー[デバイス]より[監視停止]を選択してキャプチャを終了
  6. 検索種別を16進数にして"43 6F 70 79"を検索

    080510_01

  7. "43 6F 70 79"が見つかったらその位置で今度は"00 22 00 00"を検索
  8. 一番最初に見つかる36バイトのブロックのうち"00 22 00 00"以降の16バイトがBinding Nonce keyなのでメモしておく

    080510_02
    この場合は"39 D1 1F 38 88 98 7D BC AD 9D 2B 70 D0 69 3A 16"がBN Key

  9. BackupBDAV for V1を実行してLBA値に先ほどメモしたBN Keyの値を入力

    080510_03

無事、V7に感染したBDドライブでもBackup BDAV for V1でのリッピングか出来ました。

多少面倒くさい方法ですが、これで入手困難なBDC-S02Jのファーム1.01品をヤフオクで高額落札しなくてすみます。転売厨ざまぁwww
あとAnyDVD HDを使っての市販BDMVソフトのリッピング用と、BDレコで録画したBDAVリッピング用のBDドライブを分ける必要もなくなります。

ただしUSBソフトウェア バス・アナライザが安くないのが一番の問題なんですが…
フリーのSnoopyProとかでキャプチャ出来ればいいんだけどどうやら無理っぽい。

5/11追記
再生とキャプチャタイミングさえ合わせればフリーのSnoopyProや試用期間中はキャプチャ容量制限のあるUSBトレースでも可能だそうです。

« 32bit Windowsで4GB以上の物理メモリが使えるRAM Diskソフト | トップページ | ASUSのBDドライブBC-1205PTも神ドライブなのか調べてみた »

コメント

おおっ、BDC-S02J(1.01)も持っているけど外付けのドライブで出来ました。
それもBW200で録ったもののBW200でしか再生出来ないという
(PCやBW800で再生できない)訳の分からなくなったBD-REの
吸出しまで出来ました!!
私からすれば神以上、界王神って事で。

S02Jを持っていれば特に不要な方法ですけど、焼きミスしてS02Jだと読めないメディアやLTHメディアをリップする時には役に立ちそうですね。

"SniffUsb 2.0" USB Sniffer for Windows
http://www.pcausa.com/Utilities/UsbSnoop/

こんなのもあるそうですね。

こんにちは。

今更ながらですが、こちらの方法で無事リッピングできました><
感謝感激です。悪徳コピワンでしたが、安いSATA-USB変換ツールの投資だけで済みました。

掲載ありがとうございました。

こんにちは、ところで
SATA-USB変換ケーブルはどれを使用したのでしょうか?
もしよろしければおねがいします。

>>とおりすがりさん
箱捨てたのでメーカー名が分かりません
変換アダプタ本体にもメーカー名どころか型番すら入ってない2000円ぐらいで売ってた奴です

ありがとうございます
このへんのパーツは人柱的なものがありますが
きがのったらやってみようかと思います

ありがとうございます。
SniffUsb 2.0" USB Sniffer for Windowsで比較的簡単に出来ました。
抽出したファイルから"00 22 00 00"以降の16バイトだけをテキストファイルとして吐き出す簡単なプログラムを作りました。
BackupBDAVforV1用のバッチデータに貼り付けるだけでOKです。
BW200とBDZ-T70のBD-REもバッチリです。
BDC-S02J(1.01)も持ってますが、これが壊れても大丈夫。
因みにドライブはUSB接続のBRD-UM4(I/Oデータ)です。
確かに神以上です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 32bit Windowsで4GB以上の物理メモリが使えるRAM Diskソフト | トップページ | ASUSのBDドライブBC-1205PTも神ドライブなのか調べてみた »