« 東芝、現行DVDを高画質化するプレーヤーを年内にも発売 | トップページ | 白フリーオ久々に再販、6/6の19時より »

2008/05/30

ダビング10延期正式に発表

AV Watch:Dpa、ダビング10開始延期について声明

6月2日開始予定だったダビング10ですが正式に延期することが発表されました。
権利者団体がダビング10を人質に取って補償金拡大という身代金を要求している状況でさすがに開始できませんよね。

AV Watch:「ダビング10を人質にはしていない」権利者側が補償金問題で会見

記者会見での権利者団体の自分たちを正当化する発言の数々には怒りすら覚えます。
メーカーが正義だとは思っていないけど権利者団体よりよっぽど消費者の方を向いているようにみえます。

消費者はコンテンツの著作者に相応の対価を払うことが嫌なのではなくて、金額の妥当性も不明確かつ著作者への公正な分配が出来ているかも分からない状況で権利者団体に対価を支払うということに疑問を持っているわけで、消費者の疑問に対して納得のいく説明をしようともせずに補償金を拡大しようとしていることに反対しているのです。
著作者へ対価を支払うことを否定しているのではありません、文化の繁栄のためなら対価を払うのは当然だと思っています。
でも今の権利者団体のやり方は、自分たちの利権を守るために必死で文化を守ろうと活動しているようには到底思えないのですよ。

権利者団体がやらなければならないことは、今のどんぶり勘定システムを改善して消費者が著作者に対価を直接支払うことが出来るシステムを作ることだと思うんですが、それをやったら自分たちの利権が失われるのでやりたくないんでしょうか。

 
という文章を昨晩怒りにまかせてつらつらと書いたのですが、感情的な文章は一晩寝かせて読み直してからアップした方がいいよなと思って今朝読み直したら半分以上削除することになった。

権利者団体の記者会見についての突っ込みは録画人間の末路のkrmmk3さんがかなりの部分を代弁してくれているのでそちらにお任せすることにします。

« 東芝、現行DVDを高画質化するプレーヤーを年内にも発売 | トップページ | 白フリーオ久々に再販、6/6の19時より »

コメント

悪用されそうな情報を紹介しといて一般消費者ずらするのもな・・・

情報をどう使うかはその人次第では?
それこそ包丁理論ですよ。

それと、”アクセスコントロール”は”コピープロテクト”では無いので、
解除しても違法では無いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東芝、現行DVDを高画質化するプレーヤーを年内にも発売 | トップページ | 白フリーオ久々に再販、6/6の19時より »