« ドリームワークスが攻殻機動隊を実写映画化 | トップページ | パイオニアのBDドライブ「BDC-S02J」ファーム1.04品が市場に出回る »

2008/04/16

ビクター、国内テレビ事業から撤退

NIKKEI NET:ビクター、国内テレビ事業撤退・欧米に経営資源集中

日本経済新聞紙面記事によると、日本ビクターが国内向けのテレビの生産・販売から撤退する方針を固めたそうです。
国内でのビクターの薄型テレビシェアは2.9%で業界6位とかなり苦戦しており採算が取れない状況が続いていたということで、今夏にも国内テレビ事業から撤退して今後は欧米での事業に集中するということです。

ビクターの株価はこの報道を受けて大幅続伸だそうで、今秋にもビクターと経営統合予定のケンウッドの株価も上昇しています。

NIKKEI NET:<東証>ビクターが大幅に続伸――「国内テレビ事業撤退」を好感

13:10追記
AV Watch:ビクター、国内テレビ事業撤退報道に「推測記事」とコメント
Tech-On!:ビクター,国内向けテレビ撤退報道に「検討している」
日経の報道に対してビクターは、

「記事内容は推測であり、決定していることではない」
「テレビ事業について抜本的な事業再建策を検討中だが、何も決まっていない。具体的な発表は25日に実施する決算発表でお話する」

とのこと。

« ドリームワークスが攻殻機動隊を実写映画化 | トップページ | パイオニアのBDドライブ「BDC-S02J」ファーム1.04品が市場に出回る »

コメント

この手の企業発表は自分達自身によって正式発表するまでは
往々にしてあいまいな態度を取る物です。
HD-DDVもそうでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドリームワークスが攻殻機動隊を実写映画化 | トップページ | パイオニアのBDドライブ「BDC-S02J」ファーム1.04品が市場に出回る »