« NEC、ホームサーバーソリューション「Lui」発売 | トップページ | ビクター、国内テレビ事業から撤退 »

2008/04/15

ドリームワークスが攻殻機動隊を実写映画化

Variety Japan:「攻殻機動隊」ハリウッドで3-D実写映画化

ドリームワークスが士郎正宗作の漫画「攻殻機動隊」の映画化権を獲得し、3D実写映画を制作することになったそうです。
ユニバーサルやSPEも攻殻機動隊の映画化権を求めていたそうですが、スピルバーグの熱意でドリームワークスによる実写映画化が実現したとのこと。

3D実写映画というのはベオウルフ劇場版のようにドルビー3Dデジタルシネマで上映するってこと?それとも3DCGを多用した作品?もしかしてベオウルフみたいに実際の俳優をベースに取り込んだフルCG映画?
どんな映画になるのか期待半分不安半分、いや不安の方が大きいか。

とりあえず少佐はアンジェリーナ・ジョリー、バトーはスティーヴン・セガールでお願いします。

« NEC、ホームサーバーソリューション「Lui」発売 | トップページ | ビクター、国内テレビ事業から撤退 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NEC、ホームサーバーソリューション「Lui」発売 | トップページ | ビクター、国内テレビ事業から撤退 »