« PSPシステムソフト3.95リリース | トップページ | ソニー、BDレコーダの新機種を発表 »

2008/04/08

東芝、CellのSPEを搭載した「SpursEngine」のサンプル出荷開始

日経プレスリリース:東芝、新型メディアストリーミングプロセッサー「SpursEngine」をサンプル出荷

PC Watch:東芝、CellのSPEを搭載したストリーミングプロセッサ「SpursEngine」

東芝がCell Broadband EngineのSPEコアを4基搭載したメディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine SE1000」のサンプル出荷を開始したと発表しました。

またPCI-Expressスロット搭載のPCに接続可能なSpursEngineを搭載したリファレンスボードとソフトウェア開発を行うための基本ソフトウェア群から構成されるリファレンスキットの提供も開始したそうです。

SpursEngineは、SPEコア4基の他にフルHD対応のMPEG-2およびH.264のハードウェアエンコーダを搭載しており、Cell/B.E.より小規模な回路設計による低消費電力が特長でクロック周波数1.5GHzで消費電力は10W台だそうです。

関連
Tech-On!:CellのDNAはいかに継承されたか,東芝SpursEngine開発者に聞く
AV Watch:東芝が「SpursEngine」搭載Qosmioを展示

« PSPシステムソフト3.95リリース | トップページ | ソニー、BDレコーダの新機種を発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PSPシステムソフト3.95リリース | トップページ | ソニー、BDレコーダの新機種を発表 »