« パイオニアと松下がPDP事業で包括提携、パネルを共同開発 | トップページ | ビクター、国内液晶テレビ事業の縮小を正式発表 »

2008/04/25

BDソフト「イノセンス」に早くも高画質版が登場

AV Watch:ディズニー、押井監督の「イノセンス」を再Blu-ray Disc化

2006年12月に発売されたBlu-ray Disc版の「イノセンス」ですが、映像と音声がパワーアップした「イノセンス アブソリュート・エディション」が発売されることになりました。
8月6日発売で価格は6,090円、2006年12月発売のBD版イノセンスが8,190円なので定価で約2,000円安くなっています。

映像圧縮フォーマットがMPEG-2からMPEG-4 AVCになり、音声はドルビー True HDとDTS HD マスターオーディオを収録しているということです。

すでにAmazonで26%OFFの4,507円で予約を受付中。

Amazonで予約:イノセンス アブソリュート・エディション (Blu-ray Disc)

Amazonの商品紹介によると、

“イノセンス”は進化する。
ブルーレイディスクの最新高品位スペックを備えた、
究極のハイビジョンクオリティで登場!
『イノセンス アブソリュート・エディション』

『イノセンス アブソリュート・エディション』は、この数年で驚異的進化を遂げたブルーレイディスクの更なる可能性を極限まで追求したソフトです。音声はドルビー True HD とDTS HD マスターオーディオを新たに収録。画像圧縮はMPEG4 AVC を採用することにより、画質を落とすことなく「クリエイターが実際にスタジオで聴いている、マスター音声そのもののクオリティ」を維持するロスレス音声の収録を可能にしています。

とのこと。
また、初回限定版のパッケージは、イノセンスの世界観を表現すべくメタルケースを採用、映像特典には、押井守監督作品の「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」の予告編を収録するそうです。

DVDでは初期の頃に出た作品が後にリマスター版として発売されることも多いですが、BDでも早くも同じような状況になってきました。
ワーナーとか現在1層VC-1で発売してる作品を将来2層MPEG4 AVCにして出してきそう。

« パイオニアと松下がPDP事業で包括提携、パネルを共同開発 | トップページ | ビクター、国内液晶テレビ事業の縮小を正式発表 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パイオニアと松下がPDP事業で包括提携、パネルを共同開発 | トップページ | ビクター、国内液晶テレビ事業の縮小を正式発表 »