« 三菱電機、携帯電話事業から撤退 | トップページ | ソニーのトリニトロン生産終了 »

2008/03/03

MSI、スターリングエンジン理論を応用したチップセット冷却機構を開発

Technobahn:台湾の電子機器メーカー、廃熱を利用してファンを回るボードを開発

PCのマザーボードで有名な台湾のMSIがスターリングエンジン理論を応用した画期的なチップセット冷却機構「エアーパワークーラー」を開発したと発表しました。

080302_03

マザーボードのチップセットから排出される熱を利用してファンを回しチップセットを冷却するというエコ冷却機構で、MSIの発表によると運動エネルギーの熱変換効率は約70%だそうです。

MSIニュースリリース:MSI 世界初「エアーパワークーラー」発表スターリングエンジン理論を応用した画期的なECO冷却機構

3月4日よりドイツのハノーバーで開催されるCeBIT2008にて展示を行うとのこと。

スターリングエンジンといえば、シャープが3年前に年内にも発売すると公言していたFPSC搭載の家庭用冷蔵庫ってどうなったんでしょう。

関連
2007/9/21:松下、スターリングエンジン実用化に目処

« 三菱電機、携帯電話事業から撤退 | トップページ | ソニーのトリニトロン生産終了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三菱電機、携帯電話事業から撤退 | トップページ | ソニーのトリニトロン生産終了 »