« パイオニア、プラズマパネル生産撤退を正式発表 | トップページ | ソニー・エリクソン、ドコモ向けケータイから撤退か »

2008/03/09

地上・BS・110度CSデジタル対応フリーオっぽい何かを作ってみた

デジタル放送をPCに録画出来るフリーオ(Friio)は地デジしか録画出来ないので、地デジ以外にもBS/110度CSデジタル放送にも対応したフリーオもどきを作ってみました。

チューナーの基板からMULTI2で暗号化されたTSデータの信号を引き出しUSBボード経由でPCに取り込んでからPC上でMULTI2を復号して生TSデータを得るという方法なんですが、果たして成功するんでしょうか。

用意するもの

DT300とカメレオンUSB FX2は合わせて3万円弱とフリーオ買うのとほぼ同じ値段で入手可能です。

作業する前にチューナーの動作確認のためREGZA 42Z2000にHDMIで接続してみると砂嵐しか表示されない。
ネットで調べるとどうやらHDMIの相性問題らしいので、とりあえずユニデンのサポートに連絡するとやはり相性問題らしくREGZAで同様の報告があるとのこと。
解決方法はなく、「HDMIは機器によっては正常に表示できないこともあるので、その場合は他の出力端子で接続してください。」という回答でした。
どうせTVには繋がないからいいんだけどなんだかなぁ…

 
以下のサイトを参考に作業を実施。

TeamKNOx:YDBC-30 Hack (Japanese)

カメレオンUSB FX2:研究開発の部屋

作業時間はカメレオンUSB FX2の製作含めて約4時間ぐらい。
分解や半田付け作業になれていないと倍ぐらいかかるかも。

080308_01
動作確認のための仮配線をしてみたところ

ノイズにシビアで配線長を出来る限り短くしたりダンパー抵抗の値を調整する必要があるということなんですが、特にそこらあたりに注意することなく仮配線した状態でも取りこぼしやデータエラーもなくTS抜き出来たのでどうやら成功っぽい。

ということで、あっさりと仮配線のままでも成功してしまったのでしばらくこの状態のまま使ってみたいと思います。

« パイオニア、プラズマパネル生産撤退を正式発表 | トップページ | ソニー・エリクソン、ドコモ向けケータイから撤退か »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パイオニア、プラズマパネル生産撤退を正式発表 | トップページ | ソニー・エリクソン、ドコモ向けケータイから撤退か »