« ゲオ、4/19より全国800店舗でBDレンタルを開始 | トップページ | AmazonでHD DVDソフト投げ売り中 »

2008/03/18

三菱電機がBDレコーダー「REALブルーレイ」発表、5/24発売

AV Watch:三菱、AVC記録対応のBDレコーダ「REALブルーレイ」

三菱電機から同社としては初となるBDレコーダー「REALブルーレイ」シリーズ2機種が発表されました。
5月24日より発売で、店頭予想価格はHDD容量が500GBの「DVR-BZ200」が20万円前後、250GBの「DVR-BZ100」が16万円前後の見込みとのこと。

MPEG-4 AVC/H.264での記録にも対応し、DVDにMPEG-4 AVC/H.264で記録するAVCRECにも対応しているそうです。

一般層にもブルーレイ=DVDの次の規格という認識が浸透し始めたので、ブルーレイ搭載というのが分かりやすいネーミングの方が訴求力がありそうな気もしますが、それにしても「REALブルーレイ」って名称は直球勝負すぎw

17:50追記
AV Watchの記事が更新されて詳しい仕様などが明らかになりました。
DVD-RWへのAVCRECに対応していたり、AVCREC時も音声はAACで記録されるなど松下のAVCREC搭載機での欠点が解消されていて、けっこう期待できそうな感じです。
3/19追記:AV Watchの記事が間違っているようで、MPEG-4/AVC記録時は音声DolbyDigital最大5.1chとなる松下と同じHDMXっぽい。

DVDレコ時代はちょっと休憩していた三菱もBDレコでやっと本気を出してくれたようです。

関連
三菱:ブルーレイディスクレコーダー「REALブルーレイ」シリーズ新発売のお知らせ

« ゲオ、4/19より全国800店舗でBDレンタルを開始 | トップページ | AmazonでHD DVDソフト投げ売り中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲオ、4/19より全国800店舗でBDレンタルを開始 | トップページ | AmazonでHD DVDソフト投げ売り中 »