« Best Buy、NetflixがBD支持 | トップページ | Microsoft、Dangerを買収 »

2008/02/12

米国でサムスン製BDプレーヤーの再生問題が集団訴訟に発展

Technobahn:米国でサムスンに集団訴訟、ブルレイプレイヤーで一部のソフトが再生できない

BD-Profile 1.0に対応したSamsung製BDプレーヤー「BD-P1200」で、BD Profile-1.1や2.0規格のソフトを再生した際に本編以外の一部の特典映像や特別な機能を利用できないことから米国では集団訴訟に発展しているとか。
ハードの仕様的にファームアップデートでの対応が出来ないことに購入者が怒っているようです。

ソフトの注意書きに「一部のプレーヤーではエクストラ機能は利用できません」って内容の注意書きがあれば問題ないような気もしますが、そこは訴訟大国アメリカ、BDプレーヤー販売時の説明が十分でなかったために集団訴訟にまでなってしまうようです。

HD DVDなら対応機種発売当初からPinPやネット接続機能に対応しているからこんなことは起こらないというのに!

まあHD DVDの方も返品大国アメリカでは、ワーナー・ショックを受けて返品されたHD DVDプレーヤーが5万台以上とか、店によってはプレーヤーの販売数より返品数の方が上回ったなんて話もあるようで、こっちはこっちで大変なようです。

« Best Buy、NetflixがBD支持 | トップページ | Microsoft、Dangerを買収 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Best Buy、NetflixがBD支持 | トップページ | Microsoft、Dangerを買収 »