« XBOX360故障多発の原因は無鉛ハンダのリフロー温度 | トップページ | ディスニー・モバイル3月1日よりサービス開始 »

2008/01/22

Wiiのセンサーバーを応用して3Dモデルを疑似立体視

一月ほど前にWiiリモコンとセンサーバーの技術を応用したヘッドトラッキングシステムが話題になりました。

Engadget Japanese:Wii リモコンで頭の位置を認識する VR システム

その時に公開された動画がこちら。

Wiiのリモコン位置検出方法とは逆に、Wiiリモコンをモニタ側に設置して赤外線LEDを左右に付けたメガネをかけることで頭部の位置を検出するというシステムで、動画ではこのシステムを応用して疑似3D表示するというデモが公開されています。

で、この公開された動画に触発されて同様のヘッドトラッキングシステムを作った方が日本にもおられました。

KACOMさんのブログ:Wii のセンサーバーを応用して、おもしろデバイスを自作してみた

モニタ上の3Dモデルが頭部の位置変化にあわせリアルタイムに回転移動することで、箱の中の人形を様々な角度から見ているような錯覚を楽しむことが出来るとのこと。

サンプルプログラムの公開などはされていませんが、ゲームを作って公開することも考えているということなので、これは期待せずにはいられません。

« XBOX360故障多発の原因は無鉛ハンダのリフロー温度 | トップページ | ディスニー・モバイル3月1日よりサービス開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« XBOX360故障多発の原因は無鉛ハンダのリフロー温度 | トップページ | ディスニー・モバイル3月1日よりサービス開始 »