« ソフトレンタル大手のGEOがBlu-ray Discのレンタルを開始 | トップページ | 年末の次世代レコーダー商戦はBDが98%、HD DVDが2% »

2007/12/05

映画トランスフォーマー監督マイケル・ベイがマイクロソフトを批判

Engadget:Michael Bay's format war conspiracy theory: it's a Microsoft fix

映画トランスフォーマー監督のマイケル・ベイが自信のブログにて次世代DVDフォーマット戦争のマイクロソフトのやり方を批判しているそうです。

The Official Michael Bay Forums:DVD Formats

マイケル・ベイ監督によると、「マイクロソフトはどちらのフォーマットも失敗してデジタルダウンロードに移行することを望んでおり、ダウンロード市場が成熟するまでフォーマット戦争を混乱させるために、映画スタジオに1億ドルを渡してHD DVDを採用させた。」とマイクロソフトのやり方を批判しています。

マイクロソフトがダウンロード配信を主流にするために次世代DVDフォーマット戦争を混乱させているということは本田氏や小寺氏のコラムなどでも以前から書かれていたことですが、トランスフォーマー監督がこのような発言を行うとは、パラマウントのHD DVD独占供給のことを未だ根に持っているようです。

 
次世代DVD戦争といえば、Blu-ray Disc Associationの発表によると、北米でBD再生機(PS3含む)の販売台数が270万台を達成したそうです。

High-Def Digest:BDA: 2.7 million Blu-ray Players Sold

ちなみにHD DVDのプロモーショングループの方は11月末に、北米でHD DVD再生機(XBOX360含む)の販売台数が75万台を達成したと発表しています。

関連
2007/8/22:トランスフォーマーのベイ監督が発言を一転「HD DVDもいいよね」
ITmedia News:北米のHD DVDプレーヤー販売台数、75万台を突破

« ソフトレンタル大手のGEOがBlu-ray Discのレンタルを開始 | トップページ | 年末の次世代レコーダー商戦はBDが98%、HD DVDが2% »

コメント

マイクロソフトなんてもうどうでも良いのです。
悪いのは全てマイクロソフトということにして(笑)、
東芝さんには目を覚まして欲しいと願っています。
後にはひけない気持ちがあるのだと思いますし、理解もできます。
でも、誰が一番迷惑をするのかというと、やっぱりイチユーザなんですよね。
ここまでBD市場が盛り上がってしまった以上、BDの市場が無くなるなんてことは天地がひっくり返っても絶対にありません。
これ以上、大好きな東芝のブランドの質を自分自身が落とすような行為をしていただきたくないと思います。
(これからも、HDDVDが何かをすれば、「裏で大きな金が動いた」なんて囁かれるのは当たり前だし、それを疑う人も少ないでしょう)

HDDVDユーザ救済策として、超法規的措置としてBD陣営が救いの手(たとえば優特販売)を差し伸べることをしても構わないかと思います。
(BD陣営は怒るし、納得いかないと思いますが)

東芝さんには一つ男を見せてもらいたいですね。
BDに対応したRDシリーズを発売したら絶対買いますよ(とネット上で言っても説得力ないかもしれませんが)。

長文ですみませんでした・・・。

>>へにょさん
私も東芝のRDシリーズの使いやすさとマニュアル設定の充実は評価しているんですが最近はシェアが一気に落ちてますね。
RDファンとしては悲しい限りです。

とりあえず海外はおいといて今の日本の状況だけを考えると、東芝もBD対応の決断をしなくてはいけない時期がいずれ来ると思います。
次世代DVDのシェアからするとBD陣営がHD DVDにも対応したレコを出すことはなさそうなので、東芝が決断しさえすればBD/HD DVD両フォーマット対応で細かいマニュアル設定もできる最強RDシリーズ登場も夢じゃないと思うんですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトレンタル大手のGEOがBlu-ray Discのレンタルを開始 | トップページ | 年末の次世代レコーダー商戦はBDが98%、HD DVDが2% »