« ソニーBD戦略室が語るBD圧勝の勝因 | トップページ | シャープ ダビング10対応予定機種公表、対象は2007年以降発売モデル »

2007/12/21

液晶事業を巡る国内メーカーグループ再編、各社の思惑

この数日でなかなか面白い様子になってきた液晶事業を巡るメーカー間のグループ再編や業務提携、気になる記事をピックアップしてみました。

PhileWeb:シャープと東芝、液晶パネル調達で業務提携

Tech-On!:「東芝とシャープがテレビ用液晶パネルで提携」との報道,両社がコメント

MSN産経ニュース:東芝とシャープ 液晶、最先端半導体の相互供給で提携

NIKKEI NET:東芝、液晶パネルでシャープと提携・松下-日立連合を離脱

Tech-On!:「パネルは外部調達でも95%問題ない」,東芝の藤井上席常務

NIKKEI NET:薄型パネル提携、年内合意目指す・松下、キヤノン、日立

Tech-On!:執念を燃やす松下とキヤノンが日立に群がる

AV Watch:松下、キヤノン、日立、「有機ELと液晶事業で提携」報道にコメント

現在の日立主導のIPSアルファテクノロジでは大型パネルの増産が難しいというのが背景の一つにあるようですが、

東芝:大型液晶パネルの安定供給を狙うため
松下:IPSアルファテクノロジの主導権を得ることで大型パネルの増産を図りたい
キヤノン:テレビ事業参入と有機ELのためのTFT技術が欲しいから
シャープ:新工場稼働後の安定した供給先の確保
日立:IPSアルファテクノロジへの巨額投資への軽減を狙って

というのが各社の思惑のようです。

« ソニーBD戦略室が語るBD圧勝の勝因 | トップページ | シャープ ダビング10対応予定機種公表、対象は2007年以降発売モデル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニーBD戦略室が語るBD圧勝の勝因 | トップページ | シャープ ダビング10対応予定機種公表、対象は2007年以降発売モデル »