« PCカードにトランスフォームするマウス | トップページ | PS3「グランツーリスモ 5 プロローグ」、通信対戦は12/25開始 »

2007/12/10

東芝、MLCタイプ128GBのSSDを発表

PC Watch:東芝、128GBの大容量SSDを製品化

東芝がMLCタイプのNANDフラッシュを採用した128GBのSSDを2008年第1四半期より量産開始すると発表しました。
現在他社から発売されているSSDはSLCタイプのNANDフラッシュを使用しているものばかりですが、東芝は独自の技術を使うことでMLCタイプでもSLCタイプ並みの処理速度と長寿命を実現したそうです。

NANDフラッシュのスポット価格は12月10日時点で、1GBあたりMLCタイプが約3.6~3.9ドル、SLCタイプが12~13ドルと、MLCタイプはSLCタイプの1/3以下の価格なので、チップ書き込み処理の平準化によって本当に寿命がSLCタイプと遜色ない程度にまでなっているのであれば、大手PCメーカーも積極的に採用するのではないでしょうか。

まずAppleが噂の新Mac Book Proで採用しそうな気がします。

« PCカードにトランスフォームするマウス | トップページ | PS3「グランツーリスモ 5 プロローグ」、通信対戦は12/25開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PCカードにトランスフォームするマウス | トップページ | PS3「グランツーリスモ 5 プロローグ」、通信対戦は12/25開始 »