« RD-A600を分解した人が今度はRD-A301を分解 | トップページ | KOOLANCEのPS3水冷キットがついに登場 »

2007/12/17

今日発売の「AVレビュー」にブルーレイディスクが付いてくる

Phile Web:AV-REVIEW1月号 ブルーレイディスク付属のお知らせ

17日発売の月刊AV-REVIEW1月号に薄型テレビの画質性能を測る本格ベンチマーク用ブルーレイディスクが付いてきます。

ファミ通PS3の増刊にBDが付録で付いてきたことはありましたが、定期刊行月刊誌としてBDが付録なのは世界初なんだそうです。

付録BDの内容ですがサイトの説明によると、

今回、付録となるソフトは「FPD Benchmark Software」。FPDとはフラット・パネル・ディスプレイの略で、このソフトは、評価用信号による数値評価と高画質実写映像による主観評価で構成されており、薄型テレビの評価を行うことができるものです。薄型テレビを購入したいと考えているAVマニアはもちろんのこと、プロのモニターチェック用途など、幅広い活用が可能な本格仕様です。

ということで、フルHD対応の画質評価用ディスクって一般にあまり売っているものでもないので、薄型テレビとBD再生環境がある人は買っておいても損はないんじゃないでしょうか。

Amazonで購入:AV REVIEW (レビュー) 2008年 01月号 [雑誌]

19:40追記
Amazon在庫切れで入荷したらメールでお知らせ状態になってる…
セブンアンドワイならまだ在庫があるようです。こちらも品切れ

関連
PhileWeb:もったいない! BDプレーヤーを持ってないからって、月刊AVレビュー1月号を買わないなんて・・・

« RD-A600を分解した人が今度はRD-A301を分解 | トップページ | KOOLANCEのPS3水冷キットがついに登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RD-A600を分解した人が今度はRD-A301を分解 | トップページ | KOOLANCEのPS3水冷キットがついに登場 »