« 欧州版40GBモデルのPS3と国内版40GBモデルのPS3は別バージョン? | トップページ | 復刻予定だったシュウォッチが(一旦)発売中止に »

2007/11/01

国内版XBOX360バリューパックはCPUが65nmのFalcon基板?

本日発売のXBOX360バリューパックをPC Watchがさっそく分解しています。

PC Watch:「Xbox 360バリューパック」ハードウェアレポート

大量の画像がありますが注目はCPU周り変化。
海外版Falconの画像とそっくりなCPUのヒートシンク形状やダイサイズからすると、プロセスが65nmにシュリンクされた「Falcon」と呼ばれるバージョンの基板を搭載しているようです。
PC Watchは65nmになっているという結論は保留していますが……。

また、気になるDVD ROMドライブですが、PC Watchが分解した本体に搭載されていたのは日立LG製でした。

こちらはXBOX360発売当初の分解記事
PC Watch:Xbox 360ハードウェアレポート【本体編】

11/2追記
中途半端で終わっていたPC Watchの分解記事の第2弾
PC Watch:続・「Xbox 360バリューパック」ハードウェアレポート

65nmなのか90nmなのかの検証記事です。
消費電力が約2/3になっており、やはり65nm確定でした。

関連
2007/9/29:65nmシュリンク版XBOX360「Falcon」出荷開始
Amazon:Xbox 360 バリューパック「フォルツァ モータースポーツ 2」「あつまれピニャータ」同梱

« 欧州版40GBモデルのPS3と国内版40GBモデルのPS3は別バージョン? | トップページ | 復刻予定だったシュウォッチが(一旦)発売中止に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 欧州版40GBモデルのPS3と国内版40GBモデルのPS3は別バージョン? | トップページ | 復刻予定だったシュウォッチが(一旦)発売中止に »