« 怪しさ満点、地デジ放送TS直抜きアダプタ「Friio」 | トップページ | 松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW800を分解してみた »

2007/11/02

松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW800買ったよ

先週末に近所の量販店で購入したものの品切れで商品入荷待ち状態だった松下のBDレコーダーDMR-BW800がお店に入荷したということで取りに行ってきました。

ということで、一通り動作確認もしたのでさっそく分解。

071102_01

民生機器としては世界初の45nmプロセスを採用したシステムLSI「UniPhier」は基板裏面に実装されており、表からは見えません。
UniPhier用のヒートシンクなどの冷却機構も見あたらないないので、どうやら筐体下部の金属シャーシに接触させてヒートシンク代わりにしているようです。

HDDとBDドライブはパラレルATA接続でした。
HDDつなぎ替えて使えるのか検証しようと思っていましたが、手元に空いてるPATAのHDDがないため検証出来ず、残念。

BDドライブについて、インターフェースがPATAなのと形状などからPC内蔵用のパナソニックコミュニケーション製BD-R4倍速書き込み対応BDドライブではなくBDレコ専用ドライブのようです。
まあベースはPC用ドライブだと思いますが…

これからHDD内蔵CATV STBの「TZ-DCH2000」とiLINK接続していろいろ試してみたいと思います。
その前に、iLINKケーブル買うの忘れてたから今から買ってきます。

« 怪しさ満点、地デジ放送TS直抜きアダプタ「Friio」 | トップページ | 松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW800を分解してみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 怪しさ満点、地デジ放送TS直抜きアダプタ「Friio」 | トップページ | 松下のBDレコーダーDIGA DMR-BW800を分解してみた »