« 日経エレクトロニクスのソニー有機ELテレビ分解記事 | トップページ | ヨーロッパの次世代DVDソフト売り上げ比率はBDが73% »

2007/11/27

ソニックがBDライティングソフトを発表、発売は来年春予定

ITmedia:DVDでiTunes Storeと差異化:ソニック、DVDダウンロード技術とBDライティングソフトを公開

ソニック・ソルーションズが、BD関連の機能を強化した統合型ライティングソフト「Easy Media Creator 10 Blu-ray Edition」を2008年春に投入すると発表しました。
今年9月に発売された「Easy Media Creator 10 Suite」の上位バージョンという位置づけで、AVCHDの映像編集やBDAV/BDMVのオーサリングなどの機能が追加されているそうです。

AAC5.1chの入力に対応しているかどうかが気になるところです。

また、昨年発表したダウンロードしたビデオコンテンツをCSSを用いてDVDに書き込む技術「Qflix」の詳細を発表したそうです。

本格的なサービス開始は来年後半を予定しているそうですが、ダウンロード購入したビデオコンテンツをDVDメディアに書き込むにはQflixに対応した専用ドライブやQflix対応メディア、ソフトウェアなどが必要になるなど個人で家庭でダウンロードするのには敷居が高すぎです。
そのためなのかサービス開始当初は主に店頭のキオスク型端末によるダウンロード販売などを想定しているようです。

2層メディアが規格として存在していないみたいだしこのサービスが軌道に乗るとは思えないんですが、KDDIが9/25からサービスを開始した「DVD Burning」の方は順調なんでしょうか?

« 日経エレクトロニクスのソニー有機ELテレビ分解記事 | トップページ | ヨーロッパの次世代DVDソフト売り上げ比率はBDが73% »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日経エレクトロニクスのソニー有機ELテレビ分解記事 | トップページ | ヨーロッパの次世代DVDソフト売り上げ比率はBDが73% »