« auが端末購入方法を選択できる「au買い方セレクト」 発表、11月12日より | トップページ | テルテン、Linux搭載携帯ゲーム機「GP2X」シリーズを発売 »

2007/10/04

スペースワープがコンパクトになった「SPACEWARP desktop」

日経プレスリリース:バンダイ、大人の男性向けインテリアホビー「スペースワープ デスクトップ」を発売

たのみこむ:「SPACEWARP desktop」

Amazonで予約:SPACEWARP desktop

バンダイより、サイズがコンパクトになり組み立て易くなったスペースワープの新作「SPACEWARP desktop」(スペースワープ・デスクトップ)」が発表されました。
11月中旬発売で価格は5,250円となっています。

2005年に復刻したスペースワープ・シリーズでは、サイズが大きくて場所を取るとか組み立てが難しいという意見があったことよりその意見を元に開発されたそうで、「SPACEWARP desktop」では、机の上に置いても邪魔にならないサイズになり、組み立てもレールをジョイント部を組み合わせて捻るだけと簡単になっているそうです。
また、エレベーターの入口部分にはLEDブラックライトが組み込まれており、付属の夜光球を使うと暗闇で光る夜光球が転がる動きを楽しめるとのこと。

スペースワープといえば、自分で試行錯誤しながらコースを作っていくのが楽しいというのに、プラレールを組み合わせて組み立てるだけなんてスペースワープのおもしろさを味わえないじゃないですか!
でも従来のスペースワープのように、冬の寒い時期に組み立てるとジョイントパーツがパキパキ割れるなんてこともなさそうだし、組み立てたものの置く場所がなくてタンスの上でほこりをかぶってるという心配もないようなので、とりあえず1セット買ってみたいと思います。

2005032301
2年半前に組み立てたスペースワープ5000

スペースワープといえば、家にスペースワープ10000が1つ、5000が3つ、3500が2つもあるんですが組み立てたのは5000を1つだけで、いつか全部を使って巨大なオブジェクトを作ろうという壮大な計画は2年以上経った今も実行できていません。

関連
2005/3/6:スペースワープ5000
2005/3/6:スペースワープ5000 その2

« auが端末購入方法を選択できる「au買い方セレクト」 発表、11月12日より | トップページ | テルテン、Linux搭載携帯ゲーム機「GP2X」シリーズを発売 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« auが端末購入方法を選択できる「au買い方セレクト」 発表、11月12日より | トップページ | テルテン、Linux搭載携帯ゲーム機「GP2X」シリーズを発売 »