« スペースワープがコンパクトになった「SPACEWARP desktop」 | トップページ | PS3のBDリモコンをPCで使う方法 »

2007/10/05

テルテン、Linux搭載携帯ゲーム機「GP2X」シリーズを発売

日経プレスリリース:テルテン、Linux搭載の携帯ゲーム機「GP2X」シリーズ2機種を発売

テルテン株式会社:GP2X製品情報

GP2X Global:GP2X-F100GP2X-F200

テルテン株式会社が、韓国GameParkHoldings社が開発製造する携帯ゲーム機「GP2X」シリーズ2機種を日本で発売すると発表しました。
GP2X-F100が10月26日発売で価格は27,800円、GP2X-F200が12月1日発売で価格は29,800円。

GP2X-F100とGP2X-F200の違いは主に、方向ボタン、サイズ、ペンタッチの有無、対応SDカードの容量となっています。

テルテンGP2Xシリーズは製品情報サイトによると、

アメリカ、ヨーロッパで話題の携帯ゲーム機「GP2X」がついに正式に日本上陸。
GP2Xは、出来上がったソフトを遊ぶだけじゃない、自分でソフト開発することを前提に開発されたオープンマインドの携帯ゲーム機です。
このワクワク感をアナタにも。

といったコンセプトで開発された携帯ゲーム機で、韓国では2年ほど前から販売されており、欧米などでも一部マニアの間でそこそこ売れているようです。

関連
ITmedia :GP2Xで遊ぼう! 第1回:オープンソースな大人のオモチャ、「GP2X」ってなんだ?

« スペースワープがコンパクトになった「SPACEWARP desktop」 | トップページ | PS3のBDリモコンをPCで使う方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スペースワープがコンパクトになった「SPACEWARP desktop」 | トップページ | PS3のBDリモコンをPCで使う方法 »