« Amazonで11/11発売の新型PS3の予約開始 | トップページ | そろそろ »

2007/10/11

CEATECのHD DVD基調講演スライドにミス

10月5日にCEATEC JAPAN 2007の会場で行われたHD DVDプロモーショングループによる基調講演で使用されたスライドに大きな誤りがあったようで、スラッシュドットでそのことが指摘されていました。

Cea16_07

ミスがあったのは東芝DM社の藤井美英社長のスピーチ時にPC市場でのHD DVD対応メーカーの数をアピールするために使用されたグラフで、AV Watchの記事中の画像を元にミスのあったグラフを忠実に再現してみました。

071011_01
HD DVD搭載PC ~PCメーカーの支持~(東芝作成版)

HD DVDを支持するメーカー62.7%に対してBlu-ray Discを支持するメーカー約13%と、まさにHD DVD圧勝といった感じです。
しかし、実際はグラフ中のHD DVDを支持するメーカーのうち東芝を除く、HP、Acer、富士通、Gateway、ASUSはBlu-ray Discも支持しているので、このグラフは明らかに間違っているのが分かります。

このグラフを作成した人はついうっかり、HD DVDとBlu-ray Discの両フォーマットを支持(採用)しているメーカーも"HD DVD支持"の項目にひとまとめにしてしまうというミスを犯してしまったようです、ついうっかり。

ということで、東芝に変わってこのミスを修正してみました。

071011_02
HD DVD搭載PC ~PCメーカーの支持~(修正版)

LenovoはHD DVD陣営じゃないの?とかAppleはBD(以下r)という細かいところはとりあえず無視して修正してみましたが、なんだかHD DVDが圧勝じゃないグラフになってしまいました。

 
ついでに、ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンの偉い人の発表時のスライドにもミスがあったようです。

Cea16_22
今後投入予定HD DVDの大型カタログタイトル

このスライドでスピルバーグ監督作品の「ジョーズ」や「E.T.」、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、「ジュラシック・パーク」などのタイトルを表示し、HD DVDで今後これらのタイトルが発売されるかのように紹介したそうですが、スピルバーグ側がこれを否定しており、近々ユニバーサル側がこのスライドのミスについて謝罪の声明を発表することになったようです。

関連
AV Watch:CEATEC JAPAN 2007【HD DVD基調講演】
2007/10/5:CEATEC JAPAN 2007のHD DVDキーノートスピーチ

« Amazonで11/11発売の新型PS3の予約開始 | トップページ | そろそろ »

コメント

東芝ワンダーしすぎだろう。・゚・(つД`)・゚・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazonで11/11発売の新型PS3の予約開始 | トップページ | そろそろ »