« AMDがトリプルコアプロセッサを発表 | トップページ | IntelがUSB3.0を発表、データ転送速度は4.8Gbps以上 »

2007/09/18

クレーンの変わりに二足歩行ロボットを使ったプライズマシン「ロボキャッチャー」

Robot Watch:AMショーで「ロボキャッチャー」試遊台が展示~11月下旬から出荷

アールエスがクレーンの変わりに二足歩行ロボットを前後左右に操作して景品を獲得するプライズマシンを11月下旬より出荷するそうです。

ロボキャッチャーの公式サイトはこちら
公式サイトによると、

プレイヤーがコインを投入して景品を獲得する点はこれまでのプライズ機と同じですが、機種間での差別化が困難であったクレーンを廃止、代わりに筐体内をコミカルに歩き回る人型2 足歩行ロボットをプレイヤーが操作し、制限時間内での景品獲得にチャレンジします。ゲームの流れは、

ロボットを操作して景品に接近

エィっ!と景品抱え上げ

抱えたまま景品シューターへ歩行
☆バランスが崩れるのでハラハラ☆
☆制限時間が迫ってくるのでドキドキ☆

シューターへ景品投下!

といったもので、老若男女全ての方に楽しんで頂ける、これまでにないゲーム性を付与することができました。

ということで、二足歩行ロボットの操作を手軽に楽しめつつ景品をゲット出来るかもしれないというなかなか面白そうな感じになっています。

このロボキャッチャーの映像がYoutubeにて公開されています。

« AMDがトリプルコアプロセッサを発表 | トップページ | IntelがUSB3.0を発表、データ転送速度は4.8Gbps以上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AMDがトリプルコアプロセッサを発表 | トップページ | IntelがUSB3.0を発表、データ転送速度は4.8Gbps以上 »