« シャープがBDレコーダー発表、H.264録画は非対応 | トップページ | 旧型PSP-1000でワンセグを受信する方法 »

2007/09/26

東芝DVDレコーダー新機種発表、ダビング10にはバージョンアップで対応

:東芝:プレスリリース:HDD&DVDレコーダー「ヴァルディア」の新商品について

東芝より、レグザリンクに対応したDVD搭載HDDレコーダー「ヴァルディア」の新モデル「RD-S601」「RD-S301」「RD-E301」「RD-W301」の4機種が発表されました。
10月下旬より順次発売だそうです。
コピー9回、ムーブ1回が可能な「ダビング10」にはバージョンアップで後日対応することを検討しているそうです。

「コピーナイン」、「コピーナインス」、「コピー10」、「コピテン」、「コピー9回+ムーブ1回」、「コピーワンスジェネレーション+9回コピー可」、などいろいろな呼び方で呼ばれていたコピーワンス制限緩和の名称ですが、東芝のニュースリリースによると「ダビング10」だそうです。
これが業界での正式名称なのか東芝が命名した名称なのか不明ですが、なんだか今までの呼ばれ方の中で一番しっくりしているような気がします。
「ダビング10」なかなかいい名称だ。

19:30追記
AV Watchによると、ダビング10という名称は総務省が新しい運用の名前として使っている名称なんだそうです。

AV Watch:東芝、「ダビング10」対応予定のDVD/HDDレコーダ「VARDIA」

« シャープがBDレコーダー発表、H.264録画は非対応 | トップページ | 旧型PSP-1000でワンセグを受信する方法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シャープがBDレコーダー発表、H.264録画は非対応 | トップページ | 旧型PSP-1000でワンセグを受信する方法 »