« エプソン、小顔補正と美白補正搭載複合機など発表 | トップページ | まいにちいっしょ次回バージョンアップで「ニャバター」機能追加 »

2007/09/20

東芝、Cell BEのSPEコア搭載画像処理プロセッサSpursEngine発表

Tech-On!:東芝,Cell BEのSPEを搭載の新・画像処理プロセサを発表

東芝がCell Broadband EngineのSPEコアを用いた新型メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を開発したと発表しました。
10月2日より開催されるCEATEC JAPAN 2007にて試作サンプルによる映像デモを公開するそうです。

東芝のプレスリリースによると、

 SpursEngineは、SPEを4個と、MPEG-2、H.264方式のエンコード・デコード専用回路(ハードウェアエンジン)を組み合わせた効率的で柔軟な映像処理や、Cell/B.E.より小規模な回路設計による低消費電力を特長としています。今回の開発サンプルは、処理速度1.5GHz(クロック周波数)、消費電力は10W台です。
(~中略~)
 CEATEC JAPAN 2007では、SpursEngineを搭載したノートPCとカメラを用いて、人物の顔の向きや表情の3次元実写映像に合わせて髪型・化粧の高質感CGを合成する3Dシミュレーションシステムを公開します。ノートPC上でリアルタイムの3D顔認識・シミュレーションを実現するのは、本システムが初めてです。
 また、SpursEngineを搭載した高機能ノートPCのコンセプト展示も行う予定です。

ということで、MPEG-2とH.264のエンコードとデコード用に専用回路を使うことで小規模な回路と低消費電力を実現しているようです。

« エプソン、小顔補正と美白補正搭載複合機など発表 | トップページ | まいにちいっしょ次回バージョンアップで「ニャバター」機能追加 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エプソン、小顔補正と美白補正搭載複合機など発表 | トップページ | まいにちいっしょ次回バージョンアップで「ニャバター」機能追加 »