« アップルiPodの新モデルを発表、目玉はiPod touch | トップページ | まいにちいっしょ、もようがえの限界に挑戦 »

2007/09/06

アキバBlogも新型PSP-2000を分解

アキバBlog:新型PSP 「PSP-2000」分解レビュー 中身はこんなの

香港などでは8月末から販売されている新型PSP-2000ですが、すでに秋葉原でも海外版が販売されているようで、アキバBlogさんがさっそく入手して分解しています。

9月1日の「新型PSPはやくも分解される、分解画像が200枚以上!」というエントリーにて、画像から使用されているLSIなど少し調べてみましたが、前回の分解画像では分からなかったメインCPUの型番を今回の分解画像で確認することが出来ました。
それ以外に特に目新しい画像はありませんが、出来ればもっと高解像度な基板画像がほしいところです。
(16:20追記)高解像度な画像もアップしてました。ありがとうございます。

メインプロセッサの型番はCXD2975BGGとなっており、これはPSP-1000のCXD2962GGを65nm化してさらにNAND FlashとSDRAMをCPUパッケージ内に統合したMCM(Multi Chip Module)構造のチップのようです。
これだと実装面積を抑えられる以外にも外部に余計なアドレスバスやデータバスが出ないので耐タンパ性が上がるという利点もあります。
このため基板のバスに配線してFlashを書き替えるPSP-DEVOLUTIONのようなタイプのMod Chip(Flashライター)は新型には付けられません。

基板裏面のUSBコネクタ周辺の石2つ(富士通のMB44C015、MB44C016)はUMDのモーター制御用とかのASICっぽいですね。

関連
2007/9/1:新型PSPはやくも分解される、分解画像が200枚以上!
电玩巴士:全球首发新版PSP-2000超详细拆解报告 -

« アップルiPodの新モデルを発表、目玉はiPod touch | トップページ | まいにちいっしょ、もようがえの限界に挑戦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アップルiPodの新モデルを発表、目玉はiPod touch | トップページ | まいにちいっしょ、もようがえの限界に挑戦 »