« 米SONY、ディスプレイ一体PC VAIO LT発表 | トップページ | 地デジ再送信問題、OCTが福岡民放の地デジ再送信を9/3より開始 »

2007/08/28

パイオニア製DVDドライブのピックアップに不具合が見つかる

パイオニア製のDVDドライブの一部でCDの読み取り/書き込みができなくなる不具合があることが判明したそうです。

PC Watch:パイオニア製DVDドライブのピックアップに不具合

現時点でパイオニアからの正式な発表はないようですが、バッファローがパイオニア製の該当ドライブ搭載製品の無償修理をすると発表しました。

バッファローの対応製品は、「DVSM-XL1218」シリーズと「DVM-RXG18」シリーズ、「DVSM-X1218FBS」シリーズの一部ということで、2006年11月~2007年6月以前に製造した製品が対象とのこと。

バッファロー製品の型番からパイオニアのドライブ型番を調べたところ、「DVR-112L」、「DVR-112D」、「DVR-212」というドライブが今回の不具合対象ドライブのようです。
これらのドライブはバッファロー以外にもロジテックとかも使ってるようですが、不具合の原因はドライブのピックアップということなので、当然他社製品にも不具合があると思われます。

8/29追記
パイオニア、ロジテックからも無償交換についてのリリースがあったようです。

関連
バッファロー:DVDドライブ製品について大切なお知らせとお詫び
ITmedia:パイオニア、DVDドライブ「DVR-A12J」シリーズの不具合を発表――無償修理を実施 -

« 米SONY、ディスプレイ一体PC VAIO LT発表 | トップページ | 地デジ再送信問題、OCTが福岡民放の地デジ再送信を9/3より開始 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 米SONY、ディスプレイ一体PC VAIO LT発表 | トップページ | 地デジ再送信問題、OCTが福岡民放の地デジ再送信を9/3より開始 »