« 台湾製BDメディアがアキバに登場 | トップページ | 東芝、1億ポリゴン/秒の3D性能を持つ携帯向けプロセッサを開発 »

2007/07/15

新型PSPの基板画像とマニュアル

先日E3で発表された薄軽くなった新型PSP「PSP-2000」が早くも分解されています。
追記FCCに提出されたSCEAのレポート中の画像だったようです。

PSPrl.it Forum:PSP-200x Nuda e Manuale

070715_01

メイン基板の裏面しか画像がないので詳細は不明ですが、基板上部のBGAチップがPSPのCPU「CXD2962GG」を90nmルールから65nmにシュリンクしたLSIのようです。

また、下側のチップはUMDコントローラ「CXD1876」でしょうか。
UMDコントローラはCPUに統合して1チップ化している可能性もあるので、このチップはSamsungのNAND Flash ROMとSDRAMを1パッケージに格納したMCPかもしれません。

7/17追記
FCCサイトにもう少し分かりやすい画像とマニュアルが掲載されています。

FCC E-Filing:OET List Exhibits Report

それから、CPUのプロセスルールについてですが、標準バッテリーの容量(1800mA→1200mA)、バッテリー時の動作時間、CPUのパッケージサイズから推測したもので確定情報ではありません。

070717_01
チップ上にはマジックで"65"という数字も

関連
Engadget Japanese:新PSPのマニュアル公開、バッテリーは3~5、6時間

« 台湾製BDメディアがアキバに登場 | トップページ | 東芝、1億ポリゴン/秒の3D性能を持つ携帯向けプロセッサを開発 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾製BDメディアがアキバに登場 | トップページ | 東芝、1億ポリゴン/秒の3D性能を持つ携帯向けプロセッサを開発 »