« SCE、33%軽く19%薄いPSPライト発表 | トップページ | 台湾製BDメディアがアキバに登場 »

2007/07/13

地デジのコピーワンス問題はコピー制限9回で決着

Tech-On!:家族3人が3台の機器にコピーする——地デジのコピー・ワンス見直し問題は「n=9回」で決着

地デジのコピーワンス問題の見直しはけっきょくCOG(コピー・ワン・ジェネレーション)+9回という1世代のみしかコピーできないならコピー回数が9回になろうが一般消費者にはほとんど意味のない緩和で決着してしまったようです。

12日に行われた情報通信政策部会 デジタルコンテンツ流通促進等に関する検討委員会 第19回会合にて、委員会の主査である村井氏の提案を、1回or3回のみのコピーを主張していた権利者側も反対しないでこの提案を受け入れる意向だということです。
ただし権利者側は、

この合意は私的録音録画補償金制度の存続が前提。この前提が崩れたり,コピー制御の緩和で海賊版が溢れたりといった状況になった時には,再度,検討をやり直すという立場を留保したい

と、コピー9回は譲歩するけど私的録音録画補償金制度の廃止はあり得ないというようなコメントをしています。

関連
AV Watch:「コピーワンス」見直しは、コピー9回+1回へ
2007/7/7:デジタル放送のコピー制限9回までに、総務省が要請
2007/4/18:地デジコピー制限方式見直し問題の続報

« SCE、33%軽く19%薄いPSPライト発表 | トップページ | 台湾製BDメディアがアキバに登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SCE、33%軽く19%薄いPSPライト発表 | トップページ | 台湾製BDメディアがアキバに登場 »