« 新型PSP発売日は9/20、PSP用ワンセグ受信機も発表 | トップページ | DVDの新規格DVD Downloadってなに? »

2007/07/18

ワイヤレスジャパン2007でドコモがHSDPA対応PCを展示

ITmedia +D:ワイヤレスジャパン2007 ドコモ、FOMAカードスロット搭載のHSDPA対応PCを展示──年内予定のデータ定額導入に向け

現在開催中のワイヤレスジャパン2007にて、NTTドコモが富士通製のPC LOOX TシリーズをベースにFOMAカードスロットを搭載し、下り最大3.6Mbpsの速度で通信できるHSDPAに対応したPC「HSPC」を展示しているそうです。

12月までにはこの「HSPC」を投入したいということで、同時にデータ通信定額プランなどのサービスも開始する予定とのこと。

この定額プランというのがPHS終了の代替えとして始める64kbpsの定額通信サービスのことなのかどうか記事からは分かりませんが、せっかくの高速通信対応なのだから3.6Mbpsの速度が有効利用できるプランも導入してほしいところです。

17:45追記
こちらの記事によると、

商品化については検討中で、何も決定していないとのこと。技術面での課題というよりも、ニーズの有無を調査した上で発売されるかどうか決まることになりそうだ。

だそうです。

関連
ケータイWatch:
【WIRELESS JAPAN 2007】 ドコモ中村社長、携帯系サービスは全定額制を視野に
マイコミジャーナル:【レポート】WIRELESS JAPAN 2007 - 150社が出展、高機能端末と次世代通信技術に注目
CNET Japan:フォトレポート ケータイ内蔵PCでドコモとKDDIが激突

« 新型PSP発売日は9/20、PSP用ワンセグ受信機も発表 | トップページ | DVDの新規格DVD Downloadってなに? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型PSP発売日は9/20、PSP用ワンセグ受信機も発表 | トップページ | DVDの新規格DVD Downloadってなに? »