« ModチップによるPS3のダウングレード方法が公開される | トップページ | PS3のHomeベータ版をインストールしてみた »

2007/05/21

LCDの消費電力を最大50%削減する技術

Tech-On!:NECエレ,画質を保ちながら電力を半減する液晶バックライト制御技術を開発

NECエレクトロニクスは、携帯端末機器の消費電力を削減する液晶バックライトコントロール技術を開発したと発表しました。
ニュースリリースによると、

バックライトの消費電力を抑えるには、暗い画像を表示するときのバックライト光量を絞るという方法があります。しかし単純にバックライトの輝度を調光するだけでは、表示される画像そのものが暗くなってしまい画質の「美しさ」が損なわれることになります。
そこで当社では独自の技術(Mobile AGCPS)によりバックライトの調光に応じて表示画像を精細に補正する技術を開発し、表示画質を損なうことなく低消費電力化を実現しました。今回の技術を搭載した液晶ドライバICをLCDモジュールに搭載することにより、本体側の従来システムを変えることなくLCDモジュール消費電力の最大約50%を削減することが可能となりました。

ということで、表示画像に合わせて液晶ドライバ側でバックライトの輝度調整と画像補正を行う技術のようです。
6月よりこの技術を搭載したLCDドライバを市場に投入するということですが、N904iのLCD仕様に合いそうなLTPS用ドライバもラインアップされているので、ひょっとすると採用されているのかもしれません。

ニュースリリース
NECエレクトロニクス:携帯端末機器向けLCDバックライトコントロール技術を開発

« ModチップによるPS3のダウングレード方法が公開される | トップページ | PS3のHomeベータ版をインストールしてみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ModチップによるPS3のダウングレード方法が公開される | トップページ | PS3のHomeベータ版をインストールしてみた »