« 100%当たりのチョコボールを入手する方法 | トップページ | PS3システムソフト1.60リリース »

2007/03/22

PS3の動画再生機能にセキュリティホール?

PS3のシステムソフト1.11以前の動画再生機能にPS3のシステムをハングアップさせる致命的なバグがあり、もしかしたらHomebrewアプリを起動させることが出来るかもしれないそうです。

実際にデモ用の動画ファイルが公開されており、システムソフト1.11以前のPS3でこのファイルを再生しようとすると、画面がブラックアウトしてPS3のシステムがハングアップしてしまうそうです。

システムソフト1.31以降このバグは修正されており、システムソフト1.51のPS3ではデモ用動画ファイルを再生させようとしても何も起きませんでした。

そういえば、以前お伝えしたPS3 ISO Loaderですが3月中には公開されるという噂もあるみたいです。
てっきりFakeだと思っていましたが、今回のバグや最近話題になっているTIFFのバッファオーバーフローバグの存在を考えると、案外本物かもしれません。

PS3NEWS.COM:PS3 LibMPEG Exploit Proof-of-Concept

 
追記
システムソフトバージョンが1.10のPS3を入手したので、上記の動画ファイルを試してみました。

まず、USBメモリにデモ用動画ファイルをコピーしてPS3で再生したところ、"破損ファイル"と表示されて再生できません。
次にPS3のゲームソフトを一度実行させた後に終了させて、再度XMBからUSBメモリ上の動画ファイルを再生させると、画面がブラックアウトしてハングアップしました。

« 100%当たりのチョコボールを入手する方法 | トップページ | PS3システムソフト1.60リリース »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 100%当たりのチョコボールを入手する方法 | トップページ | PS3システムソフト1.60リリース »