« PS3まいにちいっしょとBDリモコン | トップページ | 鞄メーカーのエースがゼロ ハリバートンを買収 »

2007/01/06

ダイソーラジオでテルミンを作ってみた

テルミンといえば、12年ほど前に廃刊になった幻のサブカル系パソコン雑誌『マックブロス』でその存在を初めて知り、当時マックブロスに載っていた回路図を頼りに自作しようと試みるも部品が揃わずに作るのを断念したという苦い思い出があるのですが、ダイソーの300円AMラジオ3台でテルミンが出来るということなので、冬休みの工作として作ってみることにしました。

 
用意したのは、
ミニAMラジオ 3台
モノラルスピーカー 1台
のび~るミラー 1本
単4電池 6本
木目調紙箱 1箱

070106_01
すべてダイソーにて調達、合計で税込み1,365円。

 
まずは、ちゃんと音が出るかの確認をしてみました。

炭酸水とミルク:音楽の100円楽器で音楽 023を参考にAMラジオの周波数を調整します。

ラジオ3台をぴったり合わせて置き、真ん中のラジオにスピーカーを繋ぎ1600kHzにあわせ、両端のラジオを1000kHz付近にすると、テルミンっぽい音がスピーカーから聞こえてきます。

070106_02
ラジオに手をかざしたり触れたりするとピッチが変化します。

 
次に、オタまにPhilosophy:遊べる♪ダイソーテルミンプロトタイプを参考にアンテナを接続してみます。

 
070106_03
ダイソー『のび~るミラー』をアンテナとして使用

 
070106_04
基板のコンデンサとOSC間にアンテナを半田付け

 
ラジオ3台の電源と電源スイッチを共通化して、やはりダイソーで購入した木目調の紙箱に組み込んでみました。

070106_05
とりあえず完成

 
アンテナに手を近づけるとピッチが変化していきますが音階をとるのが非常に難しく、曲を演奏なんてどころではありません。
まずは安定した音階を取れるようになる必要があるわけですが、その前に飽きてしまってゴミ箱行きになりそうな気がします。

追記
ちなみに本物のテルミンよりも音程の取り方が難しいから演奏どころではないというのではなく、本物のテルミンを触ったことがないため、チューニングや音階を取ること自体慣れていないので難しいという意味です。

« PS3まいにちいっしょとBDリモコン | トップページ | 鞄メーカーのエースがゼロ ハリバートンを買収 »

コメント

初めまして 全く何もわからない素人なのですがテルミンを作りたくて調べていたらたまたま拝見しました 
教えて欲しいのですが、電源の共通化とは具体的にどうやってやるのですか? 
あとコンデンサーとoscの間にハンダ付けと有りましたが、どの部分なのかわかりやすい写真か何かありませんか? 
ほんとに電気の知識も何もない素人なので、かなり以前の記載だとは思うのですがわかりやすく教えて頂けますと助かります

かなり前のことでまったく覚えていないため記事の内容から推測というかたちになりますが、電源と電源スイッチを共通化というのは、3台それぞれに電池を入れてスイッチON/OFFするのが面倒なので1台のラジオの電池とスイッチで動作するように電池部分とスイッチ部分からジャンパー線を飛ばして他の2台に接続したのだと思います。
コンデンサーとOSCの間というのは、ここのサイト( http://bbradio.sakura.ne.jp/300am/300am.html )の回路図でいうとC1とL2の間、プリント基板配線図だとC1の上側のピンですね。
今売られているダイソーのラジオの基板がこれと同じならという前提ですが……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3まいにちいっしょとBDリモコン | トップページ | 鞄メーカーのエースがゼロ ハリバートンを買収 »