« PS3 BDリモコンを使ってみた | トップページ | トロステーション ランキング ジェネレータ »

2006/12/11

Wii リモコンをWindowsで使ってみた その2

12月4日の記事に書きましたが、マイクロソフトのBluetoothアダプタではうまく動かなかったので、今回は動作実績のある上海問屋のDN-BT03Dを入手して再挑戦してみました。

061210_03
上の2つが前回うまくいかなかったBluetoothアダプタ
一番下が今回入手した上海問屋のDN-BT03D

 
ITmediaに「WiiリモコンでPowerPointを操作できるか」という詳しいレポートがありましたので、そちらを参考にした方が良いかと思うので検証については省略。

で、今回はモーションセンサーも動作してくれました。
WiinRemoteでマウスの代わりとしては使うには使いにくく、はっきり言って実用的ではないです。

 
WiinRemote以外にも、DSのハード解析などで有名なkakoさんがWiiリモコン用ソフトを色々と作成して公開してくれています。

1. 加速度センサを使ってリモコンの傾斜を表示する
2. Wii-Saber
3. リモコンを振ってLEDで空中に文字や図形を表示する
4. リモコンの十字ボタンをマウス代わりに使ってみる
5. リモコンに振動マッサージ器のような動作をさせるソフト

Wii-SaberはWiiリモコンをスターウォーズのライトセーバーにしてしまうというソフトで、Wiiリモコンをゆっくり振ると、あのブォンっていう音が鳴り、素早く振るとぶつかる音がしてリモコンが振動します。
非実用的なソフトだけどこれが一番面白いです。

Wiiリモコンを振動マッサージ器にするソフトは振動の強弱(間隔?)を調整できるようになっていますが、リモコンの振動機能が控えめなためマッサージ器としての効果は期待できません。

 
リモコンを解析しているサイトによればCMOSイメージセンサ読み出しの解析も進んでいるらしく、PCでもセンサーバーが必要になる日が近いかもしれません。

それまでにWiiを入手したいところですが、センサーバーを自作すればいいような気もします。

« PS3 BDリモコンを使ってみた | トップページ | トロステーション ランキング ジェネレータ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3 BDリモコンを使ってみた | トップページ | トロステーション ランキング ジェネレータ »