« PS3システムソフトを1.3にアップデートしてみた | トップページ | PS3まいにちいっしょ トロステーション動画集その2 »

2006/12/07

PS3新機能バックアップユーティリティを試してみた

ということで、システムソフトウェア1.3から実装された新機能であるバックアップユーティリティと改良されたフォーマットユーティリティを試してみました。

果たしてバックアップは成功するのか、フォーマットのパーティション設定は自由に出来るようになったのでしょうか、下記の手順で検証してみました。

1.USBメモリに現状をバックアップ
2.HDDをフルフォーマット
3.フォーマットしたHDDにバックアップデータを復元

 
1.USBメモリに現状をバックアップ
バックアップを選択すると必要容量9GB強となり、USBメモリの容量不足となったため、ゲームデータをすべて削除。
気を取り直してバックアップを実行すると約3分ほどで完了し、USBメモリ内には容量598KBのarchive.datと932MBのarchive_00.datというファイルが作成されていました。

FAT32の制限もあるので容量が大きい場合はファイル分割されて保存されるようですが、今回は1GB弱だったこともあり、どれだけのサイズで分割されるのか検証できず。

2.HDDをフルフォーマット
今までHDDはクイックフォーマットしかできませんでしたが、今回のバージョンアップでは物理フォーマットが選択出来るようになっただけのようです。

フルフォーマットを選択してみると所要時間215分と表示され一瞬ひるみましたが、とりあえず実行してみました。

061207_01

今回フォーマットしたのはPS3に標準の60GB品で、実際フルフォーマットにかかった時間は209分でした。

なお、フルフォーマットは途中で中止することが可能です。
また、他のシステム用に領域を確保している場合は、クイック、フルどちらのフォーマットを行っても他のシステム用領域もフォーマットされてしまうので注意が必要です。

 
3.フォーマットしたHDDにバックアップデータを復元

リストア(復元)を実行するとまず、「著作権保護されたビデオタイトルは正しくリストアされない可能性があります」という注意書きが表示されます。

061207_02

リストアを開始すると、自動的にHDDのクイックフォーマットが始まり、その後再起動して復元作業が始まります。
完了後にもう一度再起動してリストアは完了です。所要時間は約2分30秒。

当たり前ですが完全にバックアップ前の状態を復元できており、動画のレジューム情報も記憶されていました。

 
ということで、一通り試してみましたが、バックアップと復元が出来るようになり、非常に便利になった感じですが、フォーマットユーティリティにはまだまだ不便な箇所があります。

PS3はファイルシステムがFATのUSBストレージでないと認識しません。
NTFSでフォーマットされているUSBストレージをPS3で使うためには、PCに接続してFATでフォーマットする必要があります。

ですが、Windows 2000/XPのOS標準フォーマッタではFAT32でフォーマットできる領域が32GBまでという制限があるため、専用ツールやLinuxでフォーマットしないと32GB以上の領域を使うことが出来ません。

PS3上からUSBストレージのフォーマットが出来れば上記のようなことを気にする必要がなくなるため是非対応してほしいところです。

« PS3システムソフトを1.3にアップデートしてみた | トップページ | PS3まいにちいっしょ トロステーション動画集その2 »

コメント

今回、バックアップ機能を使用されたようですが、「プレイステーションストア」でダウンロードしたゲームやCDなどから取り込んだ音楽データなどもすべてバックアップでき、リストアも可能でしたでしょうか?
お返事お待ちしております

PSストアでダウンロードしたゲームについては、まいにちいっしょではリストア出来たのを確認しています。
まいにちいっしょはセーブデータのコピーが出来ないタイトルですが、
バックアップではセーブデータもリストアできました。
その他のダウンロードゲーム、CDについては確認していません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PS3システムソフトを1.3にアップデートしてみた | トップページ | PS3まいにちいっしょ トロステーション動画集その2 »