« 高松琴平電気鉄道のICカード愛称は「Iruca」 | トップページ | ニート君 »

2004/09/28

阪急梅田ワールドウオッチフェア2004

25日に行ってきました。
ちょっと感想など

ブレゲ
12月発売予定のタイプXXIが展示されていました。
タイプXXに比べると径が4mmもデカいせいか全く印象の違う時計に!
アエロナバル→トランスアトランティック→XXIとデザイン的にどんどんダメになってる気が…

ゼニス
スターオープン各色そろってました。
LVMHグループになってゼニスもそういう路線に向かってるなぁと感じさせられるモデル。

ヨーロピアン・カンパニー・ウォッチ
誰にも見向きもされてませんでした、南無~。

ロレックス
ターノグラフの黒文字盤の三連ベゼルは初日に1本だけ入荷したけど即売り切れだとか。
帰りに寄った某正規代理店には白文字盤の3連ベゼルが普通に売ってたし、こまめに正規店に通えば結構簡単に手に入りそうな雰囲気です。

オメガ
49mmのレイルマスターですが、販売員によれば発売中止になったとか言ってました。
7月頃に某ショップでムーブメントの不具合で発売が延期になったとは聞いていたけど…。
10月11日追記 高島屋の販売員さんによると発売中止にはなってないようで、9月末からデリバーが始まっているとのことです。

TCM
不勉強でこのブランドを知らなかったんですが、イタリアのブランドで7月より阪急でも取り扱いを始めたそうです。
圧巻なのは、径55mmの腕時計、とにかくデカい。
作りはそこそこで値段も15万~35万ぐらいとそこそこ。

パネライ
新作などなし。
真剣に見てる人のほとんどがすでにパネライを着用しているということに気づきました(自分含む)

フランク・ミュラー
すでに終わってるブランドなんでどうでもいいんですが、まだお水系には人気あるようでそれ系の人が熱心に見てました。

その他
グラスヒュッテ・オリジナルとか見たらドイツ時計もいいなぁと思いました。

« 高松琴平電気鉄道のICカード愛称は「Iruca」 | トップページ | ニート君 »

時計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高松琴平電気鉄道のICカード愛称は「Iruca」 | トップページ | ニート君 »